TinkerJPとして新たなプロジェクトを立ち上げました!

”オープン・ソース ハードウェアをつくる”をテーマに、オリジナルのレーザー彫刻機を製作しようと思います。
レーザー加工機は大型のものはスペースも電力もかなり取ってしまうので、なかなか個人で所有するのが難しいデジタルファブリケーション機材です。しかしレーザー加工機の使用目的は、カットと彫刻で案外パッキリ分かれており、彫刻が出来るだけでも、オリジナルイラストでグッズ製作や、名入れなど役立つ部分が多いです。

そこでいっそのことカット能力を捨て、超小型のハンディタイプにし、彫刻に特化した、名入れ専用のレーザー彫刻機を作れないかと思ったのが製作にきっかけです。
この彫刻機は単焦点、A3程度の機材サイズ、A5+α程度の加工サイズの超小型であること、また、加工機を縦にし、壁面にも加工出来る事を目指しています。

まだまだ思いつきで手元にあるパーツをかき集めている状態ですが、ゆるゆると研究製作してゆこうと思います。

 

IMG_3679

部品の検討中・・・とりあえず手元のベアリングやステッパー、ドライバ等をかき集めてみました。
今回はarduinoやraspiを使ってベルト駆動のxyプロッターを作成する予定です。なるべくだれでも手に入るパーツで作りたいと思っているものの、安売りしてる中古パーツに飛びついたりしている部分もあります。。。

photoCadTLEM

同時並行してCADの作成も進めています。まずは全体観の確認。パーツは汎用パーツと、レーザー加工機・3Dプリンタでの製材部品で構成しようと思っています。