回転コマンドを使うと簡単にスケッチから立体が出来上がります。
まずはインポートした下絵を元にスケッチを描画します。(横顔の輪郭をトレースします)

スクリーンショット 2016-05-24 15.00.44

この時自由曲線(輪郭)以外を直線にして閉じたパスになるように作成します

 

スクリーンショット 2016-05-24 15.03.38

”作成”から”回転”を選択します

 

スクリーンショット 2016-05-24 15.04.20

ダイアログに従い、”プロファイル”を先ほど作成したスケッチに設定します。

 

スクリーンショット 2016-05-24 15.05.19

次に”軸”を自由曲線の反対面の直線に設定します。軸は別途直線スケッチを作成し、選択しても問題ありません。

 

スクリーンショット 2016-05-24 15.06.53

”タイプ”から”完全”を選択します

 

スクリーンショット 2016-05-24 15.07.57

すると選択した軸を基準として360度回転した3Dモデルが作成されます。角度を指定して45度モデルを作成するなども可能です。

 

スクリーンショット 2016-05-24 15.10.43

こちらはルビンの壺とも言われているモデルです。みなさんも自分の壺を作ってみてはいかがでしょうか?