前回はMakerBot Printの設定を行いました。今回は作成した3Dモデルを造形データに変換する作業を行いたいと思います。まずMakerBot Printを立ち上げます。画面左上のフォルダアイコンを選択します。

スクリーンショット 2017-04-21 14.09.30

すると”New Project”画面が表示され、モデルをインポート出来るようになります。”Add Models”を選択します

スクリーンショット 2017-04-21 14.20.16

モデルの選択用にダイアログボックスが表示されますので、造形したいモデルを選択し、”開く”をクリックしてください。

 

スクリーンショット 2017-04-28 08.37.28

画面上部にローディングバーが表示され、モデルをロードします。

スクリーンショット 2017-04-21 14.24.28

正しくロードされると、画面にモデルが表示されます。ロードされたモデルはプレートの中央に表示されます。画面右側のアイコンを選択して編集などが出来るようになります。

スクリーンショット 2017-04-28 08.36.13

画面は、マウスのホール回転で拡大縮小、右ドラッグで角度を変更することができます。

スクリーンショット 2017-04-28 08.50.53

まず画面右側のアイコン群より”i”アイコンを選択し、情報を確認します。”Units”の項目が、作成したCADなどのスケールと一致しているか確認します。今回の例では”mm”に設定してあります。

スクリーンショット 2017-04-28 08.38.51

次に”歯車”のアイコンを選択し、設定を確認します。使用している3Dプリンターのエクストルーダーのタイプを正しく選択し、プリントモードを設定します。Rwplicator+を使用している方(特殊なPLA樹脂を使用していない場合)は、下記の画像を参考に設定してください。

スクリーンショット 2017-04-28 08.39.07

設定が終わったら、樹脂の使用量や造形時間などのシミュレートを行います。”時計”アイコンを選択し、画面下方の”Material Estimate”を確認し、材料の使用量を確認します。Replicator+のフィラメントは1Kgのカートリッジです。使用している3Dプリンターのカートリッジ残量を確認し、不足していないかチェックします。

”Time Estimate”は造形時間の予測です。画面上部の”Play Animation”ボタンを押すと、3Dプリンターの造形の経路が動画で確認できます。

スクリーンショット 2017-04-28 08.40.46

画面右下の”Export”ボタンを選択すると、3Dプリンター用のファイルの書き出しができます。
出力先の選択ダイアログが表示されますので、任意のディレクトリを選択、ファイル名を半角英数で記載して”保存”をクリックします。

スクリーンショット 2017-04-28 09.04.00

これで3Dプリンター用のファイルの書き出しが完了しました。ファイルはUSBメモリなどに保存し、3Dプリンターに接続してデータを転送してください。

これで一連のMakerBot Printの設定は終了です。その他、拡大縮小、移動、マテリアル設定は次回以降に紹介します。

 


Makerbot Print Tutorialに戻る