MakerFaireTokyo2018当日の様子をご紹介します!
DSC00119

全体のブースはこんな感じです。
今回明るい会場を選択していたので、ゾートロープが見えるように黒いボックスを専用に制作しています。制作は坂本千彰君が担当してます。これのおかげでずいぶん助かりました。

DSC00106

専用のstickerを10分で作成して発注し2日で届く。今は良い世の中です。

DSC00135

浜田卓之君が今回のゾートロープのコンテンツを制作しています。
また改めて紹介しようと思いますが、一つだけ

流体シミュレーションして水滴が落ちるさまを3Dモデリングし、光造形の3Dプリンターでプリントした作品です。

DSC00141

坂本千彰君は専用のアプリケーション開発をして、子供でも遊べるゾートロープWSを開催していました。

DSC00133

カメラを使って顔の輪郭を取得し、キャラクターの表情を作ります。

DSC00128

みんな画面に夢中

DSC00127

好きなところでシャッターを切り、12枚の連続する表情を作ります。

DSC00124

キャラクターは3種類用意していました。

DSC00117

撮影が終わると自動で印刷した紙が出力されます。

DSC00108

出てきたものをゾートロープ台にセットしてアニメーションさせます

DSC00107

うまくアニメーションできたかな?

今回会場の皆さんから色々なフィードバックを頂いたので、ハードウェアもソフトウェアもアップデートしてゆきたいと思います!
また、今回のゾートロープ台の制作データは近日中に公開予定ですので、もうしばしお待ち下さい!