汎用サーボモーターに取り付けられる簡易的なラック往復機構をレーザー加工機で作ってみました。
FBでデータ公開に「いいね」ついたのでココに公開しておきますね。

これで垂直運動が楽に正確になってくれると嬉しいなー。目的はWS用と、作品製作用です。
カメラのシャッターや缶スプレーの噴射にも使えるかな―と思ってます。

10329271_462395523892984_4714753229637427913_n

10247504_462395510559652_7052736474476066204_n

パーツは5mmアクリルと3mmアクリルの2つを使って作ります。
1種類でまとめたかったんですが、なるべくミニマムに、少ないパーツで作りたかったので2種類使ってます。

パーツは以下の5種類6点です。

・固定用ベース[写真左](5mm)
・ギア[写真中央上](3mm)
・ラック[写真右上](5mm)
・十字型固定ガイド[写真中央下]×2(3mm)
・ガイド固定パーツ[写真中央](5mm)

 

使用したのは秋月電子通商で購入した「GWSサーボ MICRO/2BBMG/F(フタバ)」(下記写真)です。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-01908/
フタバのタイプだけど多分JRでもイケると思います(どちらも保証はしません)

 

写真

動いてる様子はこちら

レーザー加工用に作成したデータを下記にCCライセンスにて公開します。
by-nc-sa表示―非商用―継承
dxf形式にて3mm用データ、5mm用データの2種類入ってます。
ご使用の際一報くれると嬉しいです。どんな作品、WS等で使ってくれるのか楽しみです。
ちなみに、ミニマムに作ったので、少しベースのサーボ取り付け部分が弱く、パキッと折れることがあるので、心配な人はベースを大きめに作りなおしてもいいかもしれません。

DLはこちら:http://cutarena.com/dl/Linear-heads-for-micro-servo.zip